個別塾が向いている人


個別指導塾に行くのが合っている人は、基礎が十分に見に付いていない人や、学校での勉強に付いていくことができていない人です。 個別指導塾では生徒の学習レベルに合った指導が行なわれるため、基礎を徹底的に学んだり、つまずいているところを解決したり、苦手科目を克服したりということが可能です。 集団指導塾の授業は予習の要素が強いのに対し、個別指導塾は復習の要素が強いため、上記のような人が通うのに向いているというわけです。



ほかには、マイペースで学習を進めていきたいと思っている人が通うことにも個別指導塾は向いています。 個別指導塾では生徒のペースに合わせて学習を進めていくことが可能です。 ほかに一緒に学んでいるクラスの生徒がいるわけではないため、欠席した日の授業は次に行ったときに受けることができます。 授業を受けているときに不明点があればその場で質問し、わかるまで指導を受けることも可能です。



また、塾に行ってしっかりと勉強してくれるのかどうか不安な人にもおすすめです。 集団指導塾では生徒一人ひとりに先生が目を向けることは難しく、授業に集中していない、付いてこない人はどんどん遅れをとっていくだけですが、 個別指導塾ではマンツーマンで指導が行なわれるため、常に先生の監視の目があるということで、生徒として授業に集中せざるを得ない状況になります。